名古屋の総合病院で人事担当だったけど質問ある?

名古屋市の総合病院の元職員(40代男性)

私は名古屋の総合病院で人事を担当していました。
現在は外資系薬品会社の人事マネージャーをしています。

ぶっちゃけ転職回数が多い看護師は不利なの?

回数と年齢によりますが、不利になるケースがほとんどです。
例えば20代で3回以上、30代で4回以上転職をされている看護師は要注意という烙印を押されます。
人事関係のセミナーで他院の話を聞いても、同じように転職回数が多い看護師を警戒するケースがほとんどでした。
名古屋のみならず、日本は保守的な土地柄のため、その傾向が強いでしょう。

具体的に転職回数はどのように影響する?

転職回数が絶対ダメという訳ではなく、マイナスポイントで減点されていく感じです。
例えば同じような看護師が二人面接に来て、採用枠が1人であれば、転職回数が少ない人の方が有利です。
「旦那さんの転勤で・・」と言われる方もいますが、また転勤があると病院を辞めることになると思うので、言い訳にはならないです。
名古屋だと中区や東区、昭和区に転勤族が移り住む傾向が強いと言われているため、その地域に住んでいる方は不利かもしれません。

なぜ転職回数がマイナスポイントになるの?

統計的に「問題を起こす看護師」であるか「すぐに辞めてしまう看護師」である確率が高いからです。
問題を起こす看護師は、病院内の看護師や患者さんにまで影響を及ぼす危険があるため、かなり厳しい目でチェックしていました。
とくに医療ミスを起こしていないかも厳重にチェックします。
その辺りは人事のネットワークで色々情報を集めていました。
とくに名古屋は、病院の枠を超えて飲み会や会合を開いて情報交換をしているため、横で繋がっている可能性が高いと思ったほうが良いでしょう。

看護師が辞める損失は?

病院にもよりますが、看護師一人当たりの採用に300万円近くを投資します。
採用に力を入れていない病院でも、100万円くらいは投資しています。
求人サイトの掲載費、
転職エージェントへの支払い、
教育コスト、
採用手続き、
など、看護師を採用するには大きな費用がかかります。

すぐに辞めてしまう看護師は、病院にとって非常に不利益な存在です。
もし3年以内に転職されでもすれば、病院は大損です。
だから私の勤めていた名古屋の病院では、看護師を好待遇にしてなるべく辞めないようなシステム作りをしていました。
その甲斐があってか転職率が低く、口コミで「良い病院」だと噂が広がり、応募してくる看護師も他院に比べて多かったです。

30歳で転職を3回したのですが不利ですか?

年齢にもよりますが、30歳で転職3回くらいなら問題ないでしょう。
転職市場は、看護師が不足しているため、看護師側が圧倒的に有利だからです。
病院を選ばなければ、多くの就職先があります。
しかしながら条件の良い病院は、難しいと言わざるを得ません。
条件が良い病院であるほど、転職回数の少ない「良さそうな看護師」を採用しようとします。
だからなるべく転職回数が少なくなるよう、失敗しない転職をすべきでしょう。

転職で失敗しない方法はありますか?

情報を集めることです。
働きたい病院の情報を集め、自分の希望にマッチするかをシッカリと見極めること。

しかし求人票の給料や勤務時間、福利厚生を見るだけでは不十分です。
先輩や後輩、看護学校仲間やSNSなどをフル活用し、「本当はどうなのか?」を徹底的に調べるべきです。
働きながら転職活動をするため時間が無いのであれば、看護師専門の転職エージェントから、病院の内情を聞きだすべきです。
彼らエージェントは、転職をサポートした看護師から病院の評価を直接聞いているため、非常に価値のある情報をもっています。
求人票だけに頼る転職は、宝くじを買うくらいのギャンブルであり、転職に失敗した人なら身に染みて分かっているはずです。

「情報をもっている」か「情報をもっていないか」
これが転職の「成功 or 失敗」を大きく左右します。